RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
空気感





同じ場所でクロッキーのモデルをするのでも美術予備校の場合4年たってると描き手さんはほぼ全員かわってるわけで
(講師の方とスタッフさんくらいかな)
モデルと描き手は一期一会なんだなと思います。ぼくも4年前とはだいぶかわってるし(笑)

なので現場の1つ1つに全力尽くさないとね・・。
この日のクロッキー会は5分なら5分でできるポーズ、3分なら3分でできるポーズの限界に挑戦して(一応)自分の中では動かずにやりとげれてよかったです。
ムービングでの「ストップ!」のタイミングも描き手さんとなんか息があってるような感じがしたな。

モデルからよかったと思うのと描き手からよかったと思うのはやっぱり違うのですがそれでも終了後の空気はなかなかよかった気がします。
わかりにくいですかね?わかりにくいですね(笑)しかも主観ですね(笑)
でも時々こういう空気感を感じることが美術モデルやっていて楽しいことの1つではあるんですよね。
わかりにくくてすいません(汗)
author:ゆっくん, category:-, 08:24
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:24
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://art-happy.jugem.jp/trackback/230